FC2ブログ

良い子 悪い子 普通の子



良いことをした人は





IMG_1643.jpg






悪いことをした人は





地獄に落ちる





かといって






ちゅーくらいのことばかりしている




どうなると思う






いらっしゃい





スポンサーサイト





tag : 中国 天国 地獄

重言 21



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、社運を賭けた取り組みならば、普通にスルーされることも多い。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。

<わかりやすい例 その21>



新しい





新商品



「新商品」とは、新たに作られた商品のこと

イチかバチかの新商品の発売時に、言葉など気にする社員もいないだろう。

「お願いです! ファーウェイの新しい新商品です! どうか買ってください!」







tag : 重複表現 二重表現 重言

重言 20



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、ものによってはテレビのアナウンサーでさえ言うことがある為、普通にスルーされることも多い。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その20>


被害に





遭う


「被害」とは、害を被ること、損害・危害を受けること。

「被害に遭う」「被害を受ける」なんていうのは、当たり前のようにアナウンサーが言ってますよね。

なら、私が言って何が悪い!





tag : 重複表現 二重表現 重言

重言 19



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、ヒーローが使えば、好意的に受けとめられるどころか感動さえ巻き起こすこともある。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その19>


永遠に





不滅です


「不滅」とは、滅びないこと、永久になくならないこと。

「我が巨人軍は永遠に不滅です」という長嶋茂雄さんの現役引退時の名言も、正確には重複表現なのですが、もし長嶋さんが「我が巨人軍は不滅です」と正しい表現をしていたら、面白くも可笑しくもなく普通に退屈なので、誰も感動しなかったのではないでしょうか?

「魚へんにブルーと書いて鯖」の長嶋さんだから、みんな泣いたんです。

同じ長嶋さんでも、例えば、一茂さんが言ったらどうでしょう?

有名人が語れば、みんな感動すると言うわけでもないようで…

例えば、




永久不滅





ポイント



セゾンカードが「永久不滅ポイントがお得に貯まる」と宣伝してますが、特に感動はしません。

でも、お得なので、利用者は普通にスルーしているようです。






tag : 重複表現 二重表現 重言

重言 18



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、発言者がキザな奴だと、妙に酷評されることもある。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その18>



違和感を





感じる


「違和感」とは、しっくりしない感じ、普段と様子が違うこと。

「違和感を感じる」という表現は、慣例的に許容されているという意見もあるそうです。

無用な非難を避ける為に、「違和感を覚える」「違和感がある」「違和感を抱く」「違和感が生じる」などと言うと良いみたいですが、なんかピンときませんね。

いっそのこと、「違和感をモロ感じる」とか「違和感をチョー感じる」と言った方が、みんな諦めてくれそうな気がしますが…。






tag : 重複表現 二重表現 重言

重言 17



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、取り返しのつかないような事態に陥った時、同情から普通にスルーされることも多い。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その17>


色が





変色する


「変色」とは、色が変わること。

まさに読んで字のごとく。

だけど、お気に入りの白いTシャツを色柄物と一緒に洗ってしまったとき、あなたはきっと言うでしょう!

「あ~っ、色が変色してしまった~っ!」





tag : 重複表現 重言 二重表現

重言16



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、これから何か大切なことが始まる場合、ドキドキ感から普通にスルーされることも多い。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その16>


まず





初めに


「まず」とは、他のことに先んじて最初に行うさま。「最初に」「第一に」を意味する副詞。

「まず初めに」って、これも言っちゃう。

新人さんに何かを説明するとき、先輩面して偉そうに言っちゃう。




tag : 重複表現 二重表現 重言

重言 15



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、忘れっぽい人に向かって念押しのつもりで言う場合、普通にスルーされることも多い。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その15>


必ず





必要です

「必要」とは、必ずいること、なくてはならないこと。

人間が生活をする為に、お金は、必ず必要です!




tag : 重複表現 二重表現 重言

重言 14


重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、放置されていた難題に取り組む決意と覚悟が感じられる場合、好意的に受けとめられてスルーされることも多い。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その14>


すべてを 2





一掃する


「一掃する」とは、残らず払いのけること。

ある辞書には「好ましくないものを、すっかり払いのけること」と書いてありました。

好ましくないものや嫌なことが対象なら、「すべてを一掃する」と言いたくなる気持ちも分からないでもないです。




tag : 重複表現 二重表現 重言

重言 13



重言(じゅうげん、じゅうごん)、二重表現、または重複表現ともいう。

修飾語と被修飾語の意味が重複する形のこと。

意味を強調したり語調を整えるため、あるいは、理解を確実にさせるためにわざと用いられることもある。

また、迫力に圧倒され、普通にスルーされることも多い。

「 巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。


<わかりやすい例 その13>


水を





放水する


「放水」とは、水を流したり放ったりすること。

黒部ダムの放水なんて凄い迫力で、言葉の使い方なんて誰も気にしないと思いますが…。

また、こんなのもあります。


水が





増水する


「増水」とは、水量が増すこと。

危険が迫っているなら、間違いを指摘する前に、逃げなさい!。






tag : 重複表現 二重表現 重言

 ヾ(^o^ )
参加してますヾ(∇^*)


リンク
 ヾ(・_・ )
  (ノ ̄▽ ̄)ノ