FC2ブログ

雨の降る街を

 この街には変わり者の幽霊がいて、雨の降る日には昼夜の見境なく現れるという。

 だから、雨粒がぽつぽつとアスファルトを濡らし始めると、街を行く人達はいつも決まってこんな噂話をする。


 きっと、霊感の違いなんだろうね。見える人と見えない人がいるんだって。

 ああ、幽霊の話?

 そう。

 男なんでしょう? その幽霊って。

 うん。それが、見える人には、妙に実体感があって、すぐ傍を歩いていても誰も気づかないんだって。でも、雨が熄むと突然フッと消えてしまう。

 見ちゃった人は驚くでしょうね。

 でも、なんで出てくるのかな?

 さあ。なにか探し物でもしてるのかもね。

 街のあちこちに出没するんだってね。

 らしいね。幽霊には時間も空間も関係ないっていうからね。出てくる時刻も場所も決まってないんだけれど、なにかきっかけというか、姿を現す条件があるとすれば、それは雨なんだってさ。


 そんな街の噂をいくつか耳にするうちに、できるものならわたしもその幽霊に逢ってみたいと思うようになった。

 雨が降るたび、そして、熄むたびに、注意して探してみるのだが、霊感がないせいか、わたしはまだ一度も彼に逢ったことはない。

 いや、逢っていても気づかなかっただけなのかもしれない。なにしろ、姿が見えている間は、生身の人間に紛れて誰にもわからないというのだから。

 いったい、彼は、なんの目的があって雨の街を歩いているのだろう? 自分が幽霊であることが本人にはわかっているのだろうか? もし、わかっているのなら、この世にどんな未練があって現れるのだろう。

 人生になんの意味も見出せず、ただ、毎日を生きるともなしに生きているわたしには、彼の行為がどうにも理解できないのだ。こんな世の中に、果たして思い残すほど大切なものがあるというのだろうか。せっかく死んだのなら、迷わず成仏すればいいではないか。くだらない人間社会のことなど忘れて、天国でやすらかに眠ればいいのに……。

 これまでの人生で、わたしは人並みの暮らしをしたことなど、ただの一度もなかった。

 まだ子供だった頃に、父親は莫大な借金を作って行方をくらまし、母親からは「お前さえいなければ」「お前さえ生まれてこなければ」と責められ続けた。

 心の中に生きることに対する罪悪感を植えつけながら、わたしは暮らしてきた。

 その母親にしたところで、借金の取立て屋が毎日のように訪れるアパートにわたし独りを残し、男と外泊を続けるうちにとうとう帰ってこなくなって、そして、そのまま蒸発してしまった。

 帰らない母を待ちながら、いつくるとも知れないヤクザまがいの男達が恐くて、外に助けを求めることもできず飢え死に寸前でいるところを、わたしは、家賃の催促にやってきた大家に発見されたのだ。

 警察に父親と母親の捜索願が出されたが、結局、二人の消息はつかめなかった。

 親戚にわたしを引き取ろうという者はなく、誰もがもっともらしい理由をつけては、わたしの身柄を押し付け合い、罵り合ったあげく、最後には、社会に責任を転嫁し援助を求めた。

 わたしは養護施設で育ったのだ。 

 二親とも、この国のどこかで生きているのだろうに、わたしは孤児と呼ばれた。

 誰も信じてはいけない。誰も当てにしてはいけない。ひとは裏切る。ひとは言葉で、嘘をつく。
 
 わたしは、まだ5歳だった。

 5歳にして、世を拗ね、ひとを恨み、そして、自分の殻の中に閉じこもってしまった。

 だから、なおさら知りたいのだ。あの雨降り幽霊が、この世で、大切に思うものが何であるのかを。なにを求めてこの街に現れるのかを。

 それがわかれば、あるいは、わたしにも生きる希望が見出せるかもしれない。

 そして、もう二度と死のうなんて思わなくなるかもしれない……。

 気がつくと、すぐ先の交差点に人だかりができていた。救急車が停まっている。どうやら交通事故らしい。近づいていくと、野次馬達の話し声が聞こえてきた。

 かわいそうに、もう助からないよ。

 自殺らしいね。自分から飛び込んでいったそうだから。

 まだ、若いのにねえ。

 
 救急隊員が、血だらけの男を担架で運んでいくところだった。

 その瞬間、わたしには、なにもかもがわかった。

 永遠とも思える長い時間を遡り、行過ぎてはまた後戻りして、この街という限られた空間で、幽霊がなにを探して彷徨っていたのか。

 そして、わたしが捜し求めていた答えが、なんだったのかも。

 希望ではなかったのだ。

 もう、この街に幽霊が現れることはないだろう。

 救急車に乗せられてゆく血みどろの自分の姿を見送ると、わたしは空を見上げた。

 街には、いつのまにか雨が降り始めていた。








◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)
口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3571J4+2CJKOI+1WP2+6BEQB
スポンサーサイト





博物館

 街まで買い物に出たついでに、二人で博物館によった。

 古代エジプト展をやっていたのだ。

 人込みの苦手な彼はうんざりしている様子だったが、「ちょっと寄っていこうよ」というわたしの誘いに、溜息をつきながらも付き合ってくれる。
 
 彼は優しいのだ。

 ゲートを潜り、一階にある広い展示室の大きなショーケースの前まで来たとき、彼は言った。

「ちょっと、トイレに行ってくる。そのへんにいて」

 頷くわたしを残し、彼は慌てて駆けていった。

 ずいぶん我慢していたらしい。わたしは笑いながらその背中を見送った。

 振り向いてショーケースの中を覗いてみる。

 中にはミイラが入っていた。女性のミイラだ。

 死んんでしまってから、こんなふうに人目にさらされるのは嫌だろうな…。

 心の中に悲しみとも同情ともつかない気持ちがわいてくる。

 人権侵害だ。いかに学術的な目的のためとはいえ、ひとの死を見世物にするなんてどうかしている。

 裸で衆人の目にさらされる女(ひと)の気持ちを考えたら、こんなことはできないはずだ。

 修学旅行生だろうか、制服を着た何人かの男の子達がショーケースの周りに集まってきた。

「見ろよ、ミイラだ!」

「このミイラ、生意気にガムテープで前張りなんかしてやがる」

「ミイラでも、見せたら法律に触れるのかな?」

「こんな干からびたの見たって、しょうがねえだろうに」

 あはは、と学生達は笑った。

 わたしは悲しくなってきた。

 社会教育を目的とした施設で、人間の尊厳が失われている。

 考古学が人類の歴史を学ぶものであるというのなら、わたし達は、いったい、彼女の死から何を学ぶというのか?

 人間の残酷さや軽薄さか?

 あるいは、人類の愚かさか?

 思いやりを忘れた学問に、なんの価値があるというのだろう。
 
 涙が頬を伝った。

 泣きながら立ち尽くし見つめているわたしに、彼女がちょっと微笑んだ気がした。

 どうしたのだろう。なんだか胸が熱い。

 古代エジプトに生きた彼女とわたしの心が同調しているのか?

 胸が、胸が焼けつくように熱い。

 喉が、気も狂わんほどに、喉が渇く。

 気がつくと、わたしはガラス越しに自分の顔を見つめていた。

 向こうから彼がやってくる。

「修学旅行生で一杯で、トイレが混んでてさあ――」

 そう言う彼に何か応えようと思うのだが、どうしたわけか声が出ない。

 身体が硬直して、指一本動かすことも出来なかった。

 わたしはショーケースの中にいた。

「ごめんな、待ったろう?」

 彼が済まなそうに言った。

「ほんの五千年くらいね」

 ガラスの向こうで、わたしの顔をしたエジプトの女が艶やかに笑っていた。















ブランド

 友人宅でトイレを借りた。

 彼女はお金持ちである。

 トイレのドアを開けて中に入り、便器のふたを開けて驚いた。

 白いトイレット・ボウルの内側の縁に、黒のアストバリー・パターンが施されている。

 ギョッとして目を上げると、フラッシャーのすぐ上のところにWedgwoodと高級食器ブランドの銘が入っていた。

 用を済ませて出てくると、早速、キッチンに行き、わたしはロイヤルミルクティーを淹れている彼女に訊ねた。

「ねえ、あなたのところのトイレって凄いわね。あれって、特注?」

「ええ、頼んで作ってもらったの。イギリス製」

 応えながら、彼女はカップをテーブルの上に置いた。

 好い香り。

 きっとこれも高級品なんだろうな。

 そう思いながらシンプルな白いカップを見つめ、一口飲んで驚いた。

 すっきりとした口当たり、それでいてなお濃厚な味わい、まろやかで上品で、こんなミルクティーは飲んだことがない。

「おいしいわ。ねえ、おかわりをもらえない?」

 言いながら最後の一口を飲み干したとき、白いカップの底からTOTOの四文字が現れた。















早口言葉

 薄い頭を無理やりオールバックにしている田中部長が、なにを思ったのか、突然、訊いた。

「おい、ジェームズ。アメリカにも早口言葉ってあるのか?」

 ジェームズは、ちょっと困った顔をした。

 ジェームズは日本語OKのアメリカ人である。大抵の仕事は日本語で対応できるのだが……。

「ハヤクチコトバって、なに?」

 隣に座っているわたしに、ジェームズがこそっと訊いた。ある程度、言葉は使えても、細やかな日本の文化については知らないことも多いし、勘違いすることも多々ある。そのせいで、ジェームズは、たまにトンチンカンなことを言い出すことがあるのだが……。

「早口言葉っていうのは、言いにくいことを早く言う『言葉のゲーム』だ」

 わたしは親切に教えてやった。

「ふ~ん」

 わかったのか、わからないのか、ジェームズは不思議そうな顔をしながら部長に応えた。

「もちろんありますよ、ハゲの田中部長」

 ジェームズは、言いにくいことを早口でハッキリと言ってしまった。
                          

















 ヾ(^o^ )
参加してますヾ(∇^*)


リンク
 ヾ(・_・ )
  (ノ ̄▽ ̄)ノ